エッセンシャルオイルをブレンドする場合の相性

ローズ・オットーのアロマオイルは、50本の花の中からわずか1滴しか取れないといわれる非常に貴重なオイルです。ローズ・オットーは華やかなバラの香りがするアロマオイルです。女性にはとても好まれる魅力的な香りであり、不妊症の改善などを促しますので女性ホルモンのアンバランスに悩まれている方にとって喜ばしい効能を発揮します。しかし、ローズ・オットーの精油を1㎏精製しようとすると5トンの花が必要なりますのでとても高価なアロマオイルです。エッセンシャルオイルをブレンドする上で注意しなければならない事は、香りは脳に作用しますので自分にとってリラックスできる香りであるかどうかが大切です。好きな香りでなければ嫌悪感を感じてしまいますので、リラッス出来きないということになります。フローラル系のローズオットーはゴージャスで強い香りですので、一滴でもその香りは充分です。同じフローラル系のネロリとは高いリラックス効果が期待でき、眠れない方には心地よく眠れるようになります。。柑橘系のベルガモットは気持ちが落ち込んだ時リフレッシュできるので、ストレスを感じて苛立つときには気持ちを落ち着かせてくれます。ベルガモットとローズ・オットーを組み合わせたアロマはストレスを溜めない効果を期待できます。また、ハーブ系のクラリセージは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをします。ローズ・オットーと共に女性特有のトラブルを解消しますので、生理不順の解消、更年期障害等、女性が抱える悩みの解消をサポートしてくれるでしょう。

Comments are closed.