使用時に気を付けたいこと

精油を使用する時に注意すべき点は、1回に使う量です。
精油は、オードトワレや香水などと比べて、強い香りを持ったものです。そのため、少量でも効果を発揮します。逆に、香水などを使うのと同じ気持ちで使ってしまうと、匂いは相当きついものになってしまいます。適量を使うように心がけなければなりません。
匂いの持ちが良いのも精油の特徴のひとつです。「少量ではすぐに香りが消えてしまうのでは…」といった心配も要りません。

けれど、適量が分かっていても、使いすぎてしまうことはしばしばあります。}PgžxQ
その理由として、人の鼻は匂いに慣れやすくできている、という点があります。
同じ匂いをずっと嗅いでいると、嗅覚はその匂いに反応しなくなっていきます。ひとたび慣れてしまうと、「今その匂いが漂っているのか」ということが分からなくなってしまうのです。
この性質によって、同じ量の精油を使っていても、段々と匂いが感じられなくなっていく、ということが起こります。そのため、自分にわかるくらいの量まで増やして使いたくなってしまうのです。そのようにして量を増やすと、自分にとってはちょうど良くても、他の人にとっては過剰な臭いだと感じられることになってしまいます。

匂いに慣れていく、ということを意識して、適量の使用を心がけるようにしましょう。

Comments are closed.